エステ体験ランキング

妊娠中・産後のスキンケアはどうする?

妊娠中・産後のスキンケアはどうする?
Beautiet

妊娠中には、女性ホルモンが活発に分泌されますし、新陳代謝も活発になります。

妊娠前にはほとんど汗をかくことができなかった女性でも、妊娠したことで汗をかきやすくなりますし、女性ホルモンが活発に分泌されることによってニキビなどの肌トラブルが起こりにくくなります。

そのため、妊娠することによってお肌がツヤツヤになって美肌になれる人はとても多いと言われています。

この記事の内容
スポンサーリンク

妊娠中のスキンケア

ただし、妊娠中には皮膚が敏感になりやすくなったり、肝臓に負担がかかることで肌が乾燥しやすくなったりしてしまいます。

そのため妊娠中のスキンケアでは、肌を乾燥させないような保湿ケアを重視しましょう。

肌が敏感になりやすい時期なので、基礎化粧品を選ぶ際には、できるだけ肌に刺激を与えないようなマイルドなタイプを選ぶべきで、低刺激タイプとか無添加タイプなど、敏感肌用に作られているスキンケア商品なら安心です。

ホルモンバランスの崩れ

妊娠をすることで体内のホルモンバランスが崩れ、人によってはシミができてしまうこともあります。

体内のホルモンバランスが崩れることによってできるシミは肝斑と呼ばれているもので、妊娠中にできたものは出産と同時に薄く目立たなくなるものもあります。

しかし、シミが紫外線に当たることで色が濃くなったり、出産後にも薄くならずに残ってしまうシミに変化してしまったりすることもあるので注意しましょう。

Beautiet

妊娠中は、トラブルを起こさずにツヤツヤの美肌になれる人もいれば、ホルモンバランスの崩れによってシミなどのトラブルが起こってしまう人もいます。

これは体質ではなくその妊娠ごとに変わるので、常にトラブルが起こった時の対応策を知っておくことは美肌になるために必要な策と言えます。

産後のスキンケアも見越しておく

妊娠中にはまだ赤ちゃんの育児があるわけではないので、スキンケアに時間をかけることもできますが、出産すると育児に追われてそれまでと同じスキンケアができなくなってしまう女性はとても多いものです。

そこで、妊娠中には産後のスキンケアも見越して、オールインワンタイプのスキンケアを模索したり、簡単にできるスキンケアの方法を探したりなどのリサーチもしておいた方が良いです。

産後に起こりやすい肌トラブル

産後に起こりやすい肌トラブル

女性は妊娠するとこで体内のホルモンバランスが大きく崩れ、出産することで再びバランスが崩れます。

産後には、妊娠中に活発に分泌されていた女性ホルモンの分泌が低下して妊娠前の状態に戻ろうとするため、肌トラブルが起こりやすくなります。

例えば、肌が乾燥してカサカサしたり、ニキビができやすくなってしまったりすることもありますし、産後にシミが出てきた、なんてこともあります。

肌トラブルが長引くことも

こうした産後の肌トラブルは、一時的なもので特にケアしなくても自然に治まっていくことが多いのですが、場合によっては産後のホルモンバランスが崩れたままの状態でしばらく過ごさなければいけないこともありますから、肌トラブルが長引いてしまうことにもなりかねません。

また、産後にはなれない育児で時間も気力も体力もなくなり、自分のスキンケアをしようという意欲すらわかないという女性はとても多いものです。

疲れているからとスキンケアをしないと、肌はどんどん乾燥が進んでしまいますし、美肌とはかけはなれてしまいます。

産後のスキンケア

産後のスキンケアは、時間がなく疲れている人でもさっと簡単にできるようなものがおすすめで、オールインワンタイプのジェルなどは産後の女性から大絶賛されているスキンケアアイテムとなっています。

洗顔した後にサッと顔全体に塗るだけで、化粧水、美容液、乳液、日焼け止めなどのお手入れが全てできるのですから便利です。

睡眠時間を確保する

産後の肌トラブルを解消する方法の一つに、睡眠時間を確保するという方法があります。

赤ちゃんと一緒に横になって体を休めることによって、崩れてしまったホルモンバランスを改善することができますし、疲れやストレスなどもスッキリ解消することで、肌のターンオーバーが正常な状態へと近づきます。

Beautiet

すでに起こっている肌トラブルも、眠ることによって短期改善することができます。

また何よりも、眠ることによって気力や体力を回復させることができるので、出産前のように美肌を追求したい気力がわいてくるかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる