エステ体験ランキング

O脚を改善できるスリッパ・サンダルがある

O脚を改善できる履物

履くだけでO脚を改善できるグッズと言えば、O脚改善用のサンダルや、靴の中に入れるインソールなどの人気がありますが、自宅にいる時間を利用して足の彎曲を改善できるスリッパもおすすめです。

この記事の内容
スポンサーリンク

O脚を改善できるスリッパ

自宅で過ごす時間が長い人にオススメ

Beautiet

スリッパで外出することはできないので、このグッズは自宅で過ごす時間が長い人にオススメの矯正グッズになります。

わずかな時間を利用してO脚改善に努めたい人や、足のゆがみを直すために多方向からアプローチしたい人にピッタリのグッズです。

O脚改善用のサンダルは、リーズナブルなものを選べば2,000円ぐらいから購入できますが、スリッパの場合にはもっとリーズナブルになり、1,000円~2,000円ぐらいで購入できる商品が多くあります。

O脚矯正用のスリッパの特徴

一般的なスリッパと比べて決定的に違うのは、スリッパを履いた時に仲が傾斜していて、足の外側に重心がかからないようにデザインされているところです。

O脚の人は、足が外側にアーチを描いたように湾曲していることが多いため、体の重心もどうしても体の外側にかかりやすくなってしまいます。

しかし、スリッパは内側に向かって斜めに傾斜しているので、強制的に体の重心を内側に戻し、正常な状態へと近づけることができます。

自宅で過ごす時にこのスリッパを履くように心がけると、足の裏の重心が少しずつ内側に戻ってくるので、それに伴って骨盤の広がりも収まり、外側にアーチを描いていた足のゆがみを改善することができます。

ちょっとした外出にはO脚矯正用のサンダルもあります。

O脚矯正用のスリッパの注意点

Beautiet

O脚改善用のスリッパを履くときには、いくつか注意点があります。

靴の中に入れるインソールなどは、快適に履ける場所を見つけて少し位置を調整することも可能ですが、スリッパの場合には最初からO脚を改善する目的で開発されている商品なので、中の傾斜や盛り上がりを自分の足に合わせて調整することはできません。

そのため、場合によっては足首や膝などの関節に負担がかかりやすくなってしまうので注意しましょう。

もしもスリッパを履いているうちに足首や膝が痛くなってしまった場合には、スリッパが足に合っていないということになるので、無理に履き続けずにひとまず使用をやめて、症状がおさまるまで様子を見るようにしてください。

O脚を改善できるサンダル

O脚を改善できるサンダル

O脚改善グッズにはいろいろなものがありますが、その中でも簡単に利用できるグッズの一つに、O脚矯正サンダルという商品があります。

O脚の人のために開発されているサンダル

いろいろなメーカーからラインナップされていて、お値段やデザイン等も多種多様ですが、リーズナブルなものなら2,000円ぐらいで購入できるものもたくさんあるので、普段の生活の中で少しずつO脚を改善したい人はぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

O脚改善サンダルは、O脚の人のために開発されているサンダルなので、自分の足に合ったサイズを選べば、誰でも履くだけでO脚を少しずつ改善することが期待できます。

買い物などわずかな時間を活用できる

サンダルなら普段使いするのも便利ですし、コンビニまで行くときや、ちょっと近くまでお買い物に行くときなどわずかな時間を利用して足の彎曲を矯正することができます。

家の中で過ごす時間が長い人にはスリッパもおすすめです。

ストレッチやエクササイズなどは、そのための時間を確保しなければいけませんが、サンダルを履くだけなら、時間がかかるわけではないので忙しい人にとってもおすすめです。

Beautiet

一日の大半を職場で過ごす人でも、内勤の場合には職場でO脚改善サンダルに履き替えるという方法もおすすめです。

慣れないうちには違和感があることも多いですが、履いているうちに慣れますし、O脚を少しずつ改善することができます。

O脚改善サンダルのメリット

O脚改善サンダルには、姿勢を良くする効果もあります。

O脚の人は骨盤が開いていることが多いため、どうしてもお尻が大きく見えてしまったり、骨格のゆがみによって姿勢を良くしていることがつらいので、猫背になってしまうことが多いものです。

しかし、O脚改善サンダルを普段から履くことによって、骨格のゆがみを少しずつ矯正できるので、自然と姿勢が良くなったり、猫背も改善することができます。

O脚改善サンダル選びのポイント

サンダルの選び方はそれほど難しくありませんが、履いた時に快適だと感じられるものを選ぶことが大切です。

足の形や土踏まずの高さは個人差があるので、人によってはサンダルを履いた時に痛みを感じることもあるかもしれません。

Beautiet

痛みを感じた時は、そのサンダルは足に合っていないので、別のサンダルを探してください。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

この記事の内容