自分でできるヒゲ脱毛『ヒゲ脱毛クリームを使い方・選び方』

自分でヒゲ脱毛をするメリットは数々あります。

その一方で、少なからずデメリットもあるため、きちんと把握することが大切です。

この記事では、自分でヒゲ脱毛するメリットとデメリットヒゲ脱毛クリームの使い方・選び方ヒゲ脱毛クリームが向いている人について解説しています。

この記事の内容

自分でヒゲ脱毛するメリットとデメリット

自分でヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛に興味はあってもデメリットが気になるなら、エステのヒゲ脱毛コースの利用も検討してみましょう。

逆にメリットが勝ると感じるのであれば、自宅でのヒゲ脱毛にチャレンジしたほうが恩恵を受けられます。

Beautiet

自分でする場合は一長一短のため、向き不向きは人によって違うのです。

自分でヒゲ脱毛するメリットとデメリット

メリット
デメリット
  • 手軽にできる
  • 費用が安い
  • 肌への刺激が強い
  • 効果にバラつき

自分でするヒゲ脱毛のメリット

まず、一番のメリットが手軽さです。自宅でヒゲ脱毛をするにあたって、特に必要な準備などはありません。

ヒゲ脱毛に使用するクリームを購入すれば、その日から始めることができます。それ以外に購入が必要なものもないため、思い立ったら脱毛できる点も魅力です。

また、費用もエステほど高額にはなりません。エステはトータルで数十万円に及ぶこともまれにはあるほどで、出費がかさんでしまいます。

編集部

しかし、ヒゲ脱毛クリームは数千円で何度か使えますので、コストパフォーマンスには非常に優れています。

商品にもよりますが、数日~数週間に1回クリームを使って脱毛するだけのため、一度購入すれば、しばらく購入しなくても大丈夫です。

手軽さと費用が、ヒゲ脱毛クリーム最大のメリットとなっています。

自分でするヒゲ脱毛のデメリット

一方のデメリットは、肌への刺激が強いことにあります。

ヒゲ脱毛クリームにはさまざまな成分が入っているため、商品によっては肌に合わないケースも珍しくありません。

激しい痛みやかゆみ、発疹など、肌に異常が出ることもあります。

また、必ずしもヒゲが全部なくなるとは限らず、効果については個人差があります。

そのため、ヒゲ脱毛クリームの効果が出るまでに時間がかかったり、何種類も商品を試すことになる場合もあります。

ヒゲ脱毛クリームの使い方

ヒゲ脱毛クリームの使い方は、難しくはありませんが、正しい使い方をしないと、効果がほとんど得られなかったり、無用な肌トラブルを招く可能性もあります。

そのため、自宅でヒゲ脱毛をする方は、クリームの使用方法をしっかり把握することが重要です。

Beautiet

正しく使えば、使用後に肌トラブルが起こるリスクも減らすことができます。

商品にもよりますが、クリームを使う際にはヒゲ剃りをしていなくても問題ありません。

商品に添付されている説明書に従いましょう。

ヒゲ脱毛クリームの使用手順

STEP
洗顔

まず、ヒゲ脱毛クリームを使う前に、しっかりと洗顔をします。

洗顔しておかないと、余計な角質や皮脂が邪魔をしてしまい、クリームの成分がヒゲの中まで届かない場合があるからです。

普段通り洗顔をして、口の周辺はしっかりと水分を拭き取っておきましょう。

STEP
蒸しタオル

次に、蒸しタオルを使ってヒゲを柔らかくします。

タオルを水で濡らし、しっかり絞って電子レンジで30~40秒ほど加熱します。

小さなハンドタオルを使うなら、加熱時間は20秒くらいにしましょう。

軽く冷ましたらヒゲの上に乗せ、毛穴が開くようにしておきます。

当てる時間は人それぞれですが、蒸しタオルがぬるくなってきたら下準備は完了です。

STEP
クリームを塗る

手元にヒゲ脱毛クリームを用意しましょう。

ヒゲが柔らかくなったら、クリームを塗っていきます。

ヒゲがクリームできれいに隠れるように、まんべんなく均一に塗ることが大切です。

塗り終わったら、説明書に書かれている時間だけそのまま放置します。

STEP
クリームと毛を拭き取る

指定時間放置したら、タオルなどを使ってクリームと毛を一緒に拭き取ります。

残っているクリームがあれば、しっかり水で洗い流しましょう。

これでヒゲ脱毛は終わりです。

使用後には、必ず仕上がりを確認しましょう。

ヒゲ脱毛クリームの選び方

自分でできるヒゲ脱毛

自宅でヒゲ脱毛にチャレンジする場合、まず脱毛クリームを購入しなければいけません。

ヒゲ脱毛クリームは除毛クリームと抑毛クリームの2タイプがあるため、しっかり見極めることが重要です。

除毛クリームと抑毛クリームの選び方

除毛クリームはヒゲを溶かし、現在生えているヒゲを除去するものになります。

一方の抑毛クリームは、ヒゲが自然に生えてくること自体を抑えるクリームです。

Beautiet

除去と抑制といった大きな違いがありますので、最初に種類の違いを確認するようにしましょう。

価格

次に見るべきポイントは、ヒゲ脱毛クリームの価格です。

除毛クリームと抑毛クリームはそれぞれ2千円~3千円代前後から購入することができます。

自宅でヒゲ脱毛をする場合、定期的にクリームを使用する必要があります。このため、長い目で見ると価格の差が出費に影響しますので、自分の予算にあったものをチョイスすることが重要です。

ただし、安ければ良いわけでもありません。あまり効果の得られない脱毛クリームも少なくありませんので、評判を確認することも忘れないようにしましょう。

なるべく価格が安く手に入るもので、かつ評判が良いヒゲ脱毛クリームを選ぶようにします。

成分

クリームの種類や価格、評判を調べたら、最後に含有されている成分を確認します。

ヒゲ脱毛のクリームは様々な成分が配合されています。中には肌へ大きな負担を与える成分もあるため、特に注意しなければいけません。

肌の弱い方は、評判や価格よりも成分を先に調べておく方法もおすすめです。少なからず刺激物が入っているため、カミソリ負けしたときのように肌が赤くなったりすることもあります。

もしヒゲ脱毛クリーム使用後に痛みを感じたら、すぐに使用を中断して皮膚科で診察を受けましょう。

ヒゲ脱毛クリームが向いている人

ヒゲ脱毛クリームを使えば、自宅で簡単にヒゲを脱毛することができます。

しかし、この方法は人によって向き不向きがあるため、全員におすすめできるものではありません。

特に使用後のことを考えると、無難にエステを利用したほうが良い方もいます。

ヒゲ脱毛クリームが自分に向いているかどうか、一度検討してみることも大切です。もし大丈夫だと判断できたらクリームを購入し、自宅でヒゲ脱毛にチャレンジしてみましょう。

使い方自体は難しくないため、手軽さはエステに勝ります。

ヒゲ脱毛クリームの利点

ヒゲ脱毛クリームが向いている人

ヒゲ脱毛クリームが向いている方は、なるべく費用をかけたくない方、ヒゲ剃り後には特に肌トラブルが起こらない方です。

特に肌トラブルが起こらない方にとっては、ヒゲ脱毛クリームのメリットを活かすことができます。

例えば、滅多にカミソリ負けしない場合や、スキンケアグッズを使っても肌に異常がほとんど出ない方です。

また、ヒゲ脱毛クリームは価格が安く、インターネットの通販などで簡単に買うことができるので、自分の決めた予算内でいろいろ探してみましょう。

なくなったら買い足せば良いだけですが、まとめ買いしておく方法もあります。

エステと比較すると、費用は大きく節約することができます。

ヒゲ脱毛クリームが向いていない人

ヒゲ脱毛クリームが向いていない方ですが、肌の弱い方や、カミソリ負けが頻発するような方は使用を避けておきましょう。

なぜなら、ヒゲ脱毛クリームにはさまざまな成分が配合されており、肌に刺激を与える場合も珍しくないからです。

使用後に、カミソリ負けしたときのような痛みやかゆみなど、肌に異常が現れることもあります。

Beautiet

もし使いたい場合は、ヒゲ脱毛クリームを一部分で試してみるか、一度パッチテストを行ってからにしましょう。

この記事の内容
閉じる